一般的に男性は女性に比べて無頓着な人が多い。

これは思い込みではなく、
実際に私の周りにいる男性陣は意外と無頓着な人が多いことに少しがっかり感があります。

最近は、オフィスで働く男性も私服勤務可の所が多いです。
昔はほとんどスーツ着用が義務づけられていましたが、そういう時代ではなくなったんですね。

私は管理職として働いたので、スーツでしたが、それ以外の役職がない人私服可なので、
そこでこそ、自分のファッションセンスをアピールする事が出きるはずなのに
ジャージみたいな恰好で出勤する人達、

安物のTシャツ着ている人とか、もっと服に気を遣ったらどうか、と思ってました。

私は普段はスーツですが、スーツもおしゃれに着こなしたいので、
色は黒とか紺とかシンプルですが、あまりぶかぶかだとカッコ悪いので、
サイズがフィットするサイズの物を選んでいます。

中に切るYシャツも今は特に白限定ではないので、カラーシャツ柄物、ストライプ、
度を超すとホストに近いような恰好になる事もあります。

若い事はスーツ姿に茶髪でしたので、ホストに間違えられた事もありました。
そこまでやる必要はありませんが、スーツもおしゃれに着こなしたいですね。

プライベートで着るファッションも常に気を使っていて、細身のパンツ、
カットソーの色、素材、それに合わせて着るアウターもこだわっています。

最近はジャケットが多いのですが、(と言ってもスーツのジャケットとは異なる物)
10年くらい前まではアウターの種類も豊富で、ジャンパー風のお洒落感を演出しています。

ジャージみたいなラフな格好をするのは家の中だけと決めています。

39歳、男性で、2人の娘がいます。私は、高校生の頃からファッションに興味があり、
当時は良くバイトをしては洋服を購入していました。メンズノンノやファインボーイズ、
カジカジなどファッション誌を見てはそこに載っているブランドの服を次々に買い求めていました。

2〜3万円するシャツやパンツ、10万円くらいするコートなどいま思えば
よくそんなお金があったなぁと感じます。では、今の私がファッションに興味が無くなったのかといえばそうではなく、

手頃な価格でオシャレな服が沢山買える時代になったのではと思うのです。

それは、やはりアウトレットができたり、有名なセレクトショップが安価なレーベルを作ったり、
海外や国内からもファストファッションブランドが沢山できたりと、
昔程お金をかけなくてもオシャレな服が買える時代がやってきたのではないでしょうか。

また、昔は、安かろう悪かろうだったのですが、最近では、安い服でもデザインも良くなり、
高品質なものが沢山あります。さらに、素材の進化についても目を見張るものがあるのではないでしょうか。

体にフィットして、見た目も良く履き心地も良いストレッチ素材のパンツや、
ジャージ素材の服、保温性の高いものまで、デザイン、価格に加え、付加価値のあるものまで増えています。

今後、さらにファッションが進化すれば、あらゆる年代でオシャレな服が増え、日本のオシャレレベルが上がればなぁと思っています。